地域連携マップ

医療法人 牧和会 
福岡県認知症医療センター


直通電話: 092−922−2857  担当:ソーシャルワーカー

■メールでのお問い合わせ(メールフォームが開きます)

 牧病院は老人性認知症センターとして1998年(平成10年)に福岡県から指定を受け、2011年(平成23年11月、福岡県認知症医療センター(県内5ヶ所))の指定を受け、認知症に関する専門医療相談、鑑別診断、治療方針選定や緊急対応を行なっています。
認知症に関する専門医療相談、鑑別診断、治療方針選定や緊急対応および地域への啓蒙活動や関連機関との連携、他の医療機関、介護施設への技術援助、介護指導などをおこなっています。
 鑑別診断は問診、心理テストなどの他にMRIの検査も行います。在宅支援として牧病院での認知症鑑別診断、認知症デイケア、訪問看護を、必要時は入院での治療を行っています。
 また介護老人保健施設であるアシスト桜台には認知症専門棟、通所リハビリテーションを、ピアッツァ桜台には認知症グループホームを設け、牧和会全体として軽度の認知症から重度の認知症まで幅広く対応しています。
 地域活動として、一般住民や行政からの依頼があれば、積極的に講演会をお受けしています。
地域連携では症例を通じての関連機関との連携の他に、医療機関、介護施設への技術援助、介護指導として、筑紫医師会の医師や各医療機関や施設の専門職員を対象に「筑紫認知症セミナー」を年に1-2回、筑紫医師会の医師を対象に「もの忘れ相談医講習会」を年に3-4回開催しています。

<参考リンク>
認知症の早期診断と早期治療(理事長)
中等度以上の認知症の治療と介護(理事長)  

老人の方でこんな事が心配!
  物忘れがひどい
  わけのわからないことを言う
  出歩いて道に迷う
  夜、眠らずにウロウロする
  火の始末が出来ない
  尿や便失禁がたびたびある
  意欲がなくなってきた
  人がかわったようになった

※これらは認知症以外の病気でもおこり得る症状です。緊急に治療を要する状態もあれば、ご家族での介護でも充分な状態もあります。
又、回復可能な状態もありますので早目に当センターにご相談下さい。

相談について
●電話相談24時間受付
●窓口でのご相談
  9:00〜16:00(日祝日・お盆・年末年始を除く)
●当センターへのご相談は無料です

専門医療
電話及び面接による相談に応じ、適切な保健、福祉、医療機関などを紹介します。
鑑別診断、治療方針の選定
専門医が鑑別診断を行い、患者さんの治療を含め援助方針を提案します。
合併症、周辺症状の急性期対応
身体合併症の急性期は必要に応じて地域の医療機関と連携しています。
認知症の周辺症状は幅広く対応しています。
関係機関との連携
ソーシャルワーカーによるご家族との面接及び援助に必要な関係機関との調整を行います。
研修会の実施
一般及び保健、医療、福祉関係者への助言と技術援助を行っております。