ピアッツァ桜台
施設概要  
地域活動支援センターI型
指定相談支援事業
共同生活援助
(障害者グループホーム)
障害者福祉サービス事業
(自立訓練(生活訓練)
・就労継続支援B型)
 
認知症対応型共同生活介護
(認知症グループホーム)
 

I型

 筑紫野市からの委託を受け、在宅の患者さんや地域にお住いの障害をお持ちの方々に日中を過ごす場として利用して頂いています。裁縫やものづくり、DVD鑑賞、音楽など、ご本人なりの趣味を持ち寄って仲間づくりをしています。
 その他にも、畑を耕して野菜を育てたり、クッキングをしたり、高齢者施設へ慰問をしたりなど、利用者の皆様による企画作りとプログラム運営を大切にしています。
 また「来たい時に来て、帰りたい時に帰る」利用者お一人お一人のペースで過ごせるところが当支援センターの特徴といえるかもしれません。
  
(主な年間イベント)
 2月 節分会(高齢者施設への慰問)
 5月 創作展(文化祭)
 7月 夏祭り
 8月 そうめん流し大会
 10月 バーベキュー大会
 12月 クリスマス会
  
※センターの利用料は原則無料です。
※活動に必要な食材料費等、実費が発生した場合のみご負担頂きます。
  
指定相談支援事業
 ピアッツァ桜台の理念に基づき、利用者の皆様の主体性を大切にしながら、日常生活、社会生活上の課題の解決や適切な福祉サービス利用に向け、ケアマネジメントによるきめ細やかな支援を行うことを目的としています。
 在宅の患者さんや地域にお住いの障害をお持ちの方、またそのご家族からの相談を面接や電話でお受けしています。
  
 「これから何か福祉サービスを利用したい」
 「障害年金や手帳制度について知りたい、手続きをしたい」
 「経済的な問題を抱えて困っている」
 「退院して一人暮らしをしたけど、どうしていいか分からない、不安で仕方ない」
 「働いてみたいけど、自分に合った仕事や職場が分からない」
 「親の介護が必要だけれども、自分ではどうしていいか分からない」
 「親が入院することになり、食事の確保が難しくなった」

 など、日常生活をおくる上で生じる様々な出来事に対する、一番初めの相談窓口です。
 市町村の障害福祉窓口、ハローワーク、就業・生活支援センター、地域の障害福祉サービス提供事務所、特別支援学校、医療機関などと連携しながら皆様の在宅生活を支えるための「サービス利用計画」を一緒に考え、作成します。
※サービス利用計画の作成には自己負担金は発生しません。
※地域移行支援・地域定着支援サービスを利用した場合にはサービス利用料が発生します。
詳しくは窓口までお問い合わせ下さい。
  

お問い合わせ

地域活動支援センターI型
指定相談支援事業

受付時間 : 9:30〜16:30

筑紫野市大字常松456-2

092-919-2055


http://www.maki.or.jp/