ストレス・精神科関連サービス
 
認知症関連サービス
認知症医療センター
外来診療
物忘れ外来
さくらんぼ会
桜台訪問看護ステーション
地域包括支援センター
ケアプランサービス
さくら会

<認知症関連サービス>

治療の基本は在宅で生活しながら治療が受けられることです。
在宅というのは入院以外のことで施設も在宅に含まれます。施設についてはアシスト桜台とピアッツァ桜台のページをご覧ください。
本人の希望を大事にしながら、病気についての理解を深め、ご本人やご家族と必要な治療について検討していく中で可能な限り在宅で治療を進めたいと思っています。

認知症センターは福岡県が指定した認知症の専門治療を行う施設で牧病院は1998年(平成10年)に指定を受けました。
認知症に関する相談、治療は外来で随時受け付けていますが、認知症ではないかと心配される方を対象に認知症の正しい診断、早期発見、早期治療を目標として物忘れ外来を設けました。
まず、病院の外来部門に電話でご相談していただくか新患として受診してください。なお、ご本人に関してのご家族の医師への相談も受け付けています。詳細は電話でお問い合わせの上来院してください。

在宅治療の追加的な治療として医療保険で使う認知症デイケア(さくらんぼ会)や訪問看護があります。
介護保険対象の施設として介護老人保健施設アシスト桜台と認知症グループホームピアッツァ桜台があります。
アシスト内にあるさくら会、地域包括支援センター、ケアプランサービスについてはそれぞれのリンク先をご覧ください。